行政書士資格全般

行政書士とは、どんな資格?

更新日:

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格です。一言でいうのであれば、行政書士は公的書類作成のプロフェッショナルです。

行政書士ってきいたことあるけど何をする人かよく分からない、行政書士とはなに?を具体的かつ丁寧に説明します。

行政書士とは?

行政書士は、官公署に提出する書類および権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続きの代理または代行、作成に伴う相談などに応ずるエキスパートです。

個人や企業は、その活動において、年間を通じ非常に多くの書類を各省庁や都道府県庁、市・区役所、警察署といった官公署に提出しなければなりません。たとえば...

  • 会社設立の書類作成
  • 飲食店営業許可手続き
  • 自動車登録
  • 旅行業の登録
  • 風俗営業許可関係
  • 相続・遺言の作成
  • 各種契約書作成

といった書類です。

もちろん、上記のような公的書類は一般の方でも書くことはできます。ただし、非常に多くの時間を費やしてしまうんですね。また、もし受理されたとしても提出した書類の品質が低く、信頼を失墜させてしまうというリスクもあります。

そこで登場するのが、行政書士です。書類の作成上において法律に関する専門知識を有する行政書士は、上記のような公的書類を個人や企業から代行されて作成し、申請手続きをする仕事ができる国家資格なのです。

行政書士は公的書類作成のプロフェッショナル

行政書士の業務とは?

行政書士の業務は大きくわけると3つあります。

  • 官公署へ提出する書類等を作る「書類作成業務」
  • 書類申請を代わりに行う「許認可申請の代理業務」
  • 個人・企業のクライアントにアドバイスを行う「相談業務」

具体的には、

  • 建設業許可・会社設立・帰化申請・風俗営業許可等の書類申請
  • 内容証明郵便・財務諸表・会計帳簿など事実証明に関する書類
  • 遺言書・遺産分割協議書・示談書・会社定款など権利・義務に関する書類

の作成などがあげられます。

行政書士の役割とは?

具体的には、以下のような場面での活躍が、行政書士に期待されています。

  1. 行政に対する手続きの専門家として
  2. 権利義務に関する私人間の契約書作成等の専門家として
  3. 現代の複雑多岐に発展した様々な法律制度において、より個々の企業実務に特化した分野での活躍が期待される、「隣接法律専門職」として

行政書士になるためには?

行政書士になる為には、国家試験である「行政書士試験」を受け、合格する必要があります。行政書士は簡単だとネット上で揶揄されることもありますが、行政書士はかんたんに取得できる資格ではありません。

たしかに、弁護士、司法書士、税理士などに比べると難易度は低いです。それでも行政書士の合格率はわずか3~10%程度と、数ある国家試験のなかでも難易度の高い部類の試験なのです。

行政書士は難関国家資格のひとつ

そのため、行政書士を受験する方のほとんどは、予備校や通信教育を利用して勉強しています。当サイトでは、行政書士に独学で合格する方法を紹介します。

独学の方におすすめ

「お金が無い」「時間がない」、でも短期で合格したい!という方には、スマホで受講できる通勤講座をおススメします。

大手資格学校の5分の1程度と、圧倒的な低価格&スマホで便利!受講生10,000人超えの今話題の通信講座なんです。

無料講座だけでも役立つ

弁護士が興した会社だから法律系資格に強い!とにかく効率的に勉強したい!という方に、スマホ・PC・タブレットで受講できる資格スクエアがおススメです。

わずか3年で会員数28,000人突破!無料講座もたくさんあるので上手く活用してみてください。

-行政書士資格全般

Copyright© 行政書士の独学合格 , 2017 AllRights Reserved.