行政書士資格全般

行政書士の試験制度

更新日:

行政書士になるためには、国家試験に合格する必要があります。

ここでは、行政書士の試験制度について概要を説明します。

行政書士の試験

行政書士の試験は毎年11月に実施され、1日約3時間がかりの試験です。行政書士試験では受験資格の設定はないので、だれでも受験することができます。

試験科目 科目数 出題数
行政書士の業務に関し必要な法令等 46題 選択式
行政書士の業務に関連する一般知識等 14題 択一式

行政書士の試験科目

科目 出題形式 問題数 配点
基礎法学 5肢択一式 2問 8点
憲法 5肢択一式 5問 20点
行政法 5肢択一式 19問 76点
民法 5肢択一式 9問 36点
商法・会社法 5肢択一式 5問 20点
憲法 多肢選択式 1問 8点
行政法 多肢選択式 2問 16点
行政法 記述式 1問 20点
民法 記述式 2問 40点
政治・経済・社会 5肢択一式 8問 32点

※行政法は、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法などの総称です。
※年度によって配点が多少異なります。

5肢択一式は、5つの選択肢の中から適切なものを1つ選ぶもの、多肢選択式は穴埋め問題のイメージ、記述式は40字程度で記述するものが出題されます。

行政書士の試験の合格基準

下記要件のいずれも満たした受験生が合格

  • 「行政書士の業務に関し必要な法令等」科目の得点が、満点の50%以上である者
  • → 法令等の得点が、244点中50%にあたる122点以上であること

  • 「行政書士の業務に関連する一般知識等」科目の得点が、満点の40%以上である者
  • → 一般知識等の得点が、56点中40%にあたる24点以上であること

  • 試験全体の得点が、満点の60%以上である者
  • → 試験全体の得点が、300点中60%にあたる180点以上であること

※合格基準については、問題の難易度を評価し、補正的措置が加わることがあります。

受験資格

とくになし

受験料

7,000円

行政書士の合格率

年度 申込者数 受験者数 合格者数 合格率
平成18年度 88,163 70,713 3,385 4.79%
平成19年度 81,710 65,157 5,631 8.64%
平成20年度 79,590 63,907 4,133 6.47%
平成21年度 83,819 67,348 6,095 9.05%
平成22年度 88,651 70,586 4,662 6.60%
平成23年度 83,543 66,297 5,337 8.05%
平成24年度 75,817 59,948 5,508 9.19%
平成25年度 70,896 55,436 5,597 10.1%
平成26年度 62,172 48,869 4,043 8.27%
平成27年度 56,965 44,366 5,820 13.12%
平成28年度 53,456 41,053 4,084 9.95%

独学の方におすすめ

「お金が無い」「時間がない」、でも短期で合格したい!という方には、スマホで受講できる通勤講座をおススメします。

大手資格学校の5分の1程度と、圧倒的な低価格&スマホで便利!受講生10,000人超えの今話題の通信講座なんです。

無料講座だけでも役立つ

弁護士が興した会社だから法律系資格に強い!とにかく効率的に勉強したい!という方に、スマホ・PC・タブレットで受講できる資格スクエアがおススメです。

わずか3年で会員数28,000人突破!無料講座もたくさんあるので上手く活用してみてください。

-行政書士資格全般

Copyright© 行政書士の独学合格 , 2017 AllRights Reserved.